【M先生診察日記】バルプロ酸は徐放剤で

M先生診察日記2021/12/14

「今回一番大きかったんは、これかなあ…」
一時的に具合悪くなってた時のことを指摘されてしまった。
「まあ、この判断良かったけど、もう少し早く判断出来た方がよかったね」
これはアドバイスなのだろうか…?

「バルプロ酸は徐放剤の方が良さそう?」
「そーですね、なんかそんな感じがします」

「(ふふっ)食べすぎちゃったんや…」
夫の誕生日でいくら丼おかわりして胃が痛くなって六君子湯飲んで寝れなかったというメモを読みつつ、笑われちゃう。
「はい!(*′ω′)b」
しっかりアピール(笑)

「どうかな?年末は」
「うちクリスマスはパーティーするんですけど、それが今週かな。みんなで料理作ってやるんです」
「あーそれは大変やね」
でも楽しいよ。
「年末は、帰省しないんですが、おせちを作ります。うちの主人は○県出身なんですけど、そこでは31日におせち食べてワイワイするんです」
「へーー!!そうなんやね!全然違うんや」
「だから年末はおせちをワーッと作って31日に食べてー」
「年始は?」
「年始は?おせちの残りを食べますが、2日は芋汁って言って…」
「あぁ、芋汁ね」
「まあそれを食べるって決まってるんです」
「へー!地方によって違うんやねぇー!」
感心する先生。
「だから、なかなか大変ですね(笑)」
「そうやろうね」

「じゃあまあ、バルプロ酸は徐放剤がいいかな?どう違う?」
「んー具体的にはなかなか言えないんですけど、徐放剤の方がより安定してるような気がしています」
「なるほど、じゃあ、徐放剤の方が安定的なんやね」
「はいー」
気の所為レベルかもしれないけど、感触はそんな感じ。

「じゃあ次回は…」
と次回の予約をとって終了。
「またお顔見せてくださいね」
「ありがとうございました」

<処方>
(朝夕食前)
芍薬甘草湯
防風通聖散

(朝夕食後)
バルプロ酸ナトリウム200mg(徐放剤)

(眠前)
フルニトラゼパム1mg×2
デエビゴ5mg×2
リチウム200mg×3
フルボキサミン25mg

(頓服)
リスペリドン2ml

(1日量まとめ)
フルニトラゼパム2mg/day
デエビゴ10mg/day
リチウム600mg/day
バルプロ酸ナトリウム400mg/day
フルボキサミン25mg/day
リスペリドン2ml/day

スポンサードリンク


【ブログランキング】
ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村


躁うつ病(双極性障害)ランキング

【同人誌出しました】

AmazonUnlimitedの方は無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました