【M先生診察日記】クエチアピンは無理

M先生診察日記2021/09/07

「体調よかったけど、よくなかったのに気付いたって感じかな?」
「うーん…。あ、睡眠はよくなりました。でも、なんて言うか、体調の波が極端っていうか。波を落ち着けたいとか、元気になりたいとか思うんですけど、それがなんかワガママみたいな気がして…」
「そんなことないですよ」
バッサリ否定w
結構、本気で悩んでたのに、あっさり否定された。

「やっぱり、娘さんの事が影響してると思いますよ」
そうかなあ?
「娘は学校始まって…。リモートとか出来るんですけど、登校したいらしいので、そうさせてます。あとは陽性が1人でたら学級閉鎖とか、細かいお知らせは来てました。今のところ大丈夫です」
その辺のくだりは確かに気をもんだりしたなあ。
無自覚に娘の事が体調に影響してたのかなあ。

「あとは、波やね?」
「はいー」
「ラモトリギンと似てるお薬で、多分試したことないと思うんやけど…」
と画面を見せてくれてら、そこにビプレッソの文字。
「あー!それクエチアピンですよね!?ダメです」
かなり大きな声で否定してしまった。
「そうやね、クエチアピンやね。クエチアピンは排尿障害出たとか言うてたけど、徐放剤やから大丈夫かなって」
いや、クエチアピンって言うだけで生理的に無理。
詳しい説明をするのがめんどくさかったので、省いた。
「そしたらー…うーん…」
悩んじゃう先生。すんません。
「デパケンかなぁ」
順当に行くとそうなるか。
でも、デパケンって、躁のときとか混合のときしか使ったことない気がするしなぁ…
「躁とか混合のときは使いましたけど…」
「そうやねぇ~う~ん…。やっぱりバルプロ酸かなぁ~」
ですよねぇ~。
「わかりました」
「2回でも飲める?」
「あ、はい」
「じゃぁ、朝夕に」
「はーい」

次回の予約が午前あいてなくて、午後になってしまった。

「じゃぁ、またお顔見せてくださいね」
「は~い、ありがとうございました」

<処方>
(朝夕食前)
芍薬甘草湯

(朝夕食前)
バルプロ酸ナトリウム200mg

(眠前)
フルニトラゼパム1mg×2
デエビゴ5mg×2
リチウム200mg×3
フルボキサミン25mg

(頓服)
リスペリドン2ml

(1日量まとめ)
フルニトラゼパム2mg/day
デエビゴ10mg/day
リチウム600mg/day
バルプロ酸ナトリウム400mg/day
フルボキサミン25mg/day
リスペリドン2ml/day
芍薬甘草湯

スポンサードリンク


【ブログランキング】
ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

解離性障害ランキング

【同人誌出しました】

AmazonUnlimitedの方は無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました