近づくコロナ

平日の朝

22時28分就寝。
が、寝付けず、23時ぐらいにリスペリドン追加。
これで眠れたけど、最近少し寝付きが悪い。

はよ秋にならんかな…。眠れるかどうか心配しながら寝るのしんどい。

6時51分起床。
薬を追加してねた次の日の朝は眠気がひどかったりするので、心配してたけど、今朝は大丈夫だった。

着替えて、娘を起こした。今日は朝部活なので7時起き。

私はお弁当を作り、娘は朝ごはんを食べてた。
作り終えて、私も朝ごはん食べた。

洗濯物も干して、身支度したところで時間を見ると夫が起きてくる時間だった。
が、起きてこない。あら?寝坊?と思って、声をかけると、起きてスマホいじってた。起きてるならいいのよ。

夫が朝ごはんを食べている間に、私は朝のストレッチ。

夫が出かける前に、胃の不快感を訴えていて、心配した。お腹の調子は大丈夫と言ってたので、そっちは大丈夫かな、と。
普段不調なく生活している人が、頭痛、胃痛、腹痛なんかを訴えると、ちょっと心配するな。夫じゃなくても娘もね。私と違って悪化することはほとんどないけど、気にはする。

娘も部活は10時からで、9時過ぎに家を出発した。
久しぶりの部活で、喜んでいた。

コロナ感染の話を聞いた

家族が全員出かけて、家は静かになった。
家族がいたら安心するけど、一人の時間も安心する。不思議だね。

情報化社会の情報の取捨選択についての記事を上げた。
ヘルパーさんが来てくれている間に、絵日記も上げた。
趣味なのでね…

ヘルパーさんの次男さんがコロナになったそうな。もちろん、すでに結婚して独立して他県に家を建てて完全に別居なので、ヘルパーさんは普通に働けるわけだが。
療養のために帰らせてくれないかと言われたって。移動するにも困るし、他県だから管轄が違うし、お家には酸素してるおとうさんがいるらしいので、ホテル療養させてくれって保健所に言えって言ったって。なんで最初にホテル療養を言わなかったのか!ってちょっと怒ってた。

別々に住んでいる家族の話なので、近くはなくて迫ってる感じはしないけど、コロナが当たり前の世の中なんだなという実感は湧いた。
お昼コールしてくれた夫に話すと、うちも対処を考えておかないといけないなって言ってくれた。

娘が帰宅して、昼食をとった。
娘はそこからお昼寝に突入。
おやつの時間まで寝てた。まだ寝れる!って言ってた。

それで、娘から、この前揉めて喧嘩別れした部活の躁鬱男子がお母さんが熱出して、本人も体調不良で部活を休んでたっていう。で、そんなんコロナやん!って言ってたかな~と思ったら、夕方、やっぱりコロナだったらしい、と教えてくれた。
お母さんと妹と本人が罹患したらしい。

部活は今日までお休みだったし、今日もその子はお休みしてたので、娘と接触する機会はなかったのだけど、近づいているなと改めて感じた。

夕食を食べて、娘を塾に送り出して、私はテレビを見てからお風呂に入った。お風呂後はストレッチ。

なんか、今日は近い位置の人がコロナ感染したっていう話が立て続けだったので、メンタルがまいってしまった。
NHKのニュースを見ていても、不安になってしまって、もう無理だなと感じる。
リボトリールを飲んで、少し落ち着けた。無理に頑張っても仕方ないし、不安なときは抗不安薬飲んでもいいじゃんと思った。

明日は精神科。体長は安定してたけど、きちんと話をしないといけないことがあるような気がする。
うまくまとまらないけど、明日少し考えようかな。

スポンサードリンク


【ブログランキング】
ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村


躁うつ病(双極性障害)ランキング

【同人誌出しました】

AmazonUnlimitedの方は無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました