いつの間にか

スライムが…

ダイソーでスライムを買った昨日。めっちゃ癒やされるわ~と思って触りまくってたら、最終的にスーパーボールみたいなゴツゴツした塊になってしまった…
もうスライム買わにゃい…

昨日は一日元気でした。発作も起きること無く、平穏無事そのもの。

夜は娘のお喋りに突き合わされて、気づけば1時。
最後の方は半分寝ながら聞いてました。
遠のくよね、意識w

1時に就寝しました。

かなり眠くて、お薬を飲まずにうとうとしてたら、夫にお薬飲んだの?って聞かれて、飲んでなかったから、眠いまぶたをこすりながら、お薬のんだ。

今朝は6時起床。
二日酔いかな、頭痛がする。
そんなに飲んではないと思ったんだけど。

朝は、娘の作った紅茶ゼリーを食べて、朝食代わりにしようとしたんだけど、娘がパンケーキ焼きたいっていい出して、手伝ったら、1枚くれたので、食べました。

洗濯物を干そうとして、洗濯機が回ってなかったのでショックでした。ぐすん。

バスタオルも洗いたかったので、洗濯機は2回回した。

体調

朝起き抜けは調子良かったです。
娘を送り出して、その後買い物にも行けたし。

帰ってきて、日記を書こうとしたら、体がだるくなってきました。
凄くしんどくて、横になっていました。

昨日が奇跡的に体調が良かっただけで、通常は悪いんだなって思った。

しんどかったけど、お昼の準備でもしたら、血の巡りが良くなって、だるくなくなったりして…とか思いつつ、だるいまま昼食準備。

今日の昼食はトマトの冷製パスタ。
味付けは、まぁ適当。

昼前になって、体のだるさが取れてきて、完全ではないものの、起き上がっていられるようになりました。
やっぱ軽い転換発作なんだろうなぁ。

今日は、ハンバーグが食べたいと思って、ひき肉を買ってきたので、夕食づくりの時間帯にまた発作が起きないといいなぁと思ってます。

具合悪いときは、ほんと具合悪いからなぁ~
そして体調が読めないから、料理づくりもままならない可能性もあり。

ハンバーグ食べたいから、作りたい…

いつの間にか

私は今でも、娘の面倒を見ていると思っているのですが、いつの間にか立場が逆転していて、私が娘に面倒を見られているようです。

特に最近、転換で体が麻痺したりすると、動くようになるまでそばにいてくれたり、麻痺した体を動かして刺激を与えてくれたり。
代わりにスープを作ってくれたり。

あれこれ、面倒をみてくれています。

娘は14歳です。

まだまだ、私が面倒を見なきゃいけない年齢だと思っているのですが、気がついたら、立場逆転。

本当に情けない母親ですねぇ。

色々してやりたいこともあったのですが、病気で出来ず。
小さい頃から、まともに面倒が見てやれず、娘は幼稚園じゃなくて、保育所に通っていましたし。

幼稚園に憧れがあって、保育所の後は、幼稚園に入園すると思っていたらしいw

小学校に入ったら入ったで、学童に入れて、3年間。
4年生からは、そのまま帰宅していましたが、勉強を見てやるわけでもなく、遊んでやるわけでもなく。

しっかりした子に育ってしまいました。私が不甲斐ないばっかりに。

優しい子なので、私の代わりに家事をしていても、文句をいいません。

いつぞやは、

お母さん、私が風邪引いて熱出した時に、お風呂洗い頼んでも何も思わないでしょ?それと一緒だよ

という名言を残した子です。

今出来ないことが多くて、家族には申し訳ない気持ちになるんですが、具合悪かったら、そんな事気にしなくていいんだよって、みんな言ってる。

みんな優しい。

まだ面倒をみられるのは先の話だと思っていましたが、もうすでに面倒見られている今日このごろでした。

スポンサードリンク


【ブログランキング】
ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

解離性障害ランキング

【Kindleで同人誌を出しました】

【LINEスタンプギャラリー】

 LINE   

猫舌さん@じゅんじゅん について

双極性障害と解離性同一性障害を患っています。
カテゴリー: 日々の出来事(2020) パーマリンク

4 Responses to いつの間にか

  1. 優愛 のコメント:

    病気と戦ってるお母さんを見てるからこそ、人の痛みがわかる優しい子に育ってるんだと思います。

    情けなくないですよ。

    病気は本当はなりたくないけど、病気を通して学ぶ事って家族も自分も沢山あると思います。
    私は、人に優しくなれました。人の気持ちに耳を傾けることが出来るようになりました。
    まだまだな面もありますが。。
    それまでは本当に自分勝手で、ワガママでした。
    子供達も苦しんでる人に当たり前のように手を差し伸べる子に育ってると思います。

    じゅんさんも、お子さんが風邪引いたり病気した時、看病してあげたと思います。
    そういう時の思い出や温もりは、お子さんにも残ってると思いますよ。

    素敵なご家族ですね。(●︎´▽︎`●︎)

    • 猫舌さん@じゅんじゅん のコメント:

      ありがとうございます。
      うちの家族は本当に優しいです。
      私がわがままですね(笑)
      あっちが痛い、こっちが痛いだの、騒いでは適度に心配されています。

      娘には友達がいなくて、こんなに優しい子なのに友達がいないなんておかしい!って思ってます。
      まだ未熟な子供達なので、娘の優しさに気づかないんでしょうかねえ。

  2. 優愛 のコメント:

    あら、意外。
    娘さん、明るくて人懐っこいし、とても優しい子だと思うのに、お友達がいないの?
    家と学校では、また違うから、もしかしたら、他人と接するのが苦手な面もあるかもしれませんね。

    うちの娘も、思春期の頃は友達関係難しくてお友達が居ませんでしたが、今は自閉症なりにも、だいぶ友達付き合いが出来るようになってます。

    子供達も成長とともに、コミュケーション能力もついてきて、そしてお互い折り合いをつけたりもうまくなり、きっと良いお友達が出来ると思いますよ。

    私は日々子供達の成長って凄いな〜って感じてますよ。
    離れててもわかる。
    これからの成長がますます楽しみですね。(*^^*)

    • 猫舌さん@じゅんじゅん のコメント:

      友達に求める理想が高すぎるんですよ。
      自分と同等に相手に大切にされたいと思ってるようで。
      ないがしろにされると途端に友達関係がうまくいかなくなるんです。
      まだまだこれからだと思うので、新しい環境で新しい友達できるとは思ってるんですどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です