【診察日記】写真撮った

診察日記2020/06/09

「だんだん暑くなって来ましたが…」
「今は除湿ですね」
「あー」

メモを渡して読んでもらう。
この瞬間ももうすぐ終わるんだなあ…
先生の表情を見るのが好きだった。私は何も面白いこと書いてないのに、先生はいつもニコニコする。それがなんでだろうって思いながらも好きだった。

「リスペリドンはどう飲んでるの?」
「リスペリドンは2mlを寝る前に飲んでるんですけど、朝に残るので調節したくて、1ml欲しいです」
「ほな、1mlを3回出しとけば調節できるな?」
「あーそうですね」
「リボトリールは要らんの?」
「要らないです」
「まだある?」
「はい」
「リチウムはまだ割って飲む?」
「(笑)めんどくさいんで100ください」
「ほな、100朝と夜で出しとこか」
「飲んだ方がいいんですか?」
「いや、200も飲めるように」
「調節していいんですか?」
「うん」
「ロキソニンは?」
「要ります」
「六君子湯は要らんのね」

「体から力が抜けるのは、解離系」
体から突然力が抜けて動けなくなる時が沢山あって。
「鬱でも(体動かないの)あるけど、どちらかと言うと体に症状が出る転換系」
「あー」
「あ、痙攣するやつちゃうで、解離、転換の転換」
「わかってますわかってます」
「何か感じてるんやろな。何かあるんやと思う」
「んーなんでしょ…」
「私は感情感じるの苦手やからな」
「そうなんです、混乱します」
「そらそうやん、理屈じゃないもん。前よりは感情的になってるかもやけど、どうも子供の頃から周りを見て感じてたんやろな。子供って、何も考えずにわがままで、それが成長に応じて、周りのこと考えられるようになるねんけど、私、どうも最初の方からそれやってたんやろな」
「んーわがままは言ったことないですねぇ。ってそれってすごく子供の頃じゃないですか?」
「うん、そうやと思うよ。変わってるというのはきっとそれぐらいやと思う。周りのこと考えてたんやろな」
「今家族しか関わってないですけど、その人の感情とか確かに表情見ただけで分かりますねえ。あと、LINEの文章読むだけでも分かります」
「文章だけで分かるのはすごいな…。気ぃつけや。それだけ入ってくる情報量が多いからね。しんどくなるよ」
「はいー」

感情って理屈じゃないから、間違ってる事でも感情的になることはあるよって言ってたな、先生。
間違ってるねんけど、ん?~!!でもうやねん!ってなるもんだって。

「写真どうする?」
お別れの時はきっと泣いちゃうから、泣く前に写真撮って欲しいってお願いしといた。
それ読んで先生笑ってた。
「今でもいいですよ」
って言いながらスマホ出す。
そしてあたふた(笑)
自撮りなんてしないから、カメラの回転の仕方がわからなくて(笑)年寄りかよ!
「僕も風景ぐらいしか撮らんからなあ(笑)」
「あ、逆光」
反対向いて、パシャ。
「おじさんやで(笑)」
先生は癒しなのになあ、おじさんでも(笑)

「えっと、お薬どうでしたっけ?」
「リチウムが200で出してるけど夜に100でいいよ」
「調子悪かったら飲む感じですか?」
「うん」
「その時は朝夜?」
「うん」
「はーい。ありがとうございました」

<処方>
(眠前)
フルニトラゼパム2mg
フルボキサミン50mg
リチウム100mg
リスペリドン1ml

(疼痛時頓服)
ロキソプロフェン60mg

(1日量まとめ)
フルニトラゼパム2mg/day
フルボキサミン50mg/day
リチウム100~200mg/day(自己調節)
リスペリドン1ml/day

スポンサードリンク


【ブログランキング】
ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

解離性障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました