黒い塊

2択の自由

昨日の診察で、人間は2択ではないんだよっていう話を先生にされて、色々考えるところがあった。

私から見える世界は2択の世界で、そこに繰り広げられているのは、私にとっては自由な世界なんだ。
1か0かしかない世界は一見不自由そうで、グレーを感じられたほうが奥行きがあって、自由度が高いのかもしれない。

けれども、私にとっては、2択の世界で生きるほうがより自由に生きられる気がする。
きれいに区別された世界は、整理整頓されていていい。

解離も、心を分けることで、きれいに整頓されていい。

でも、今限界が来ていて、弊害が出ていて、っていうことは、どこか間違っているから、いけないんだとおもう。

どこが間違っているのかわからない。

2択の世界で生きることで、多少生きづらさを感じていても、心が自由であれば、それのどこがいけないのか。

そもそもグレーを感じなければならない理由はなんなのか。
私にはわからない。

黒い塊

心の奥底に黒い塊が泥炭のようにある。
過去の記憶を解離させたときに、黒い塊は一瞬消えた。

けれども、昨日戻ってきた。

心の奥底に黒い塊がある。
一体何なのか。

ふと、声が聞こえた。今まで聞いたことのないようなどす黒い声。
黒い塊が喋った。

私はお前の負の部分。見たくないもの聞きたくないもの都合の悪いものそれが私。

他の奴らみたいにお前を守ったりしない。

私はお前、お前は私。ついてまわるぞ、どこまでも。

生きることができないお前なんか死ねばいい。私が殺してやろうか。いつでもやれる。簡単だ。

私はお前を見ている。死ねばいいお前なんか。くだらないやつだな。殺してやろうか?死にたいんだろ?破壊してやる、何もかもだ。お前の大切なものも何もかも。

塊は重い。重く沈んでる。

黒い塊は、死ねばいいお前なんか死ねばいいって言ってくる。

塊は人格なんだろうか。
雄弁にしゃべるそれは、人格に似ている。けれども、人格だといいたくはない。
泥炭が喋っている。

私が解離させたものの集合体なのだろうか。
私がきれいに整頓したと思った解離は、黒い塊を生み出したのだろうか。

心の中なんて誰も見えないけど、私にはわかるんだ。
奥底にある黒い塊が。
そして、これ以上肥大させてはいけないこともなんとなくわかる。

先生は、心は色んなものがあって、めんどくさいけど、それだからいいんだって言ってた。
私がめんどくさいものとして解離させてきたものたちが黒い塊となって、奥底に沈んでいる。

そんなことを望んだわけではない。
私はただ、心をきれいに整頓したかっただけなんだ。

弊害。

無理が生じている。

黒い塊は消えない。ずっとある。

でも仕方なかったじゃない。扱えなかったんだもの、心が。持て余していたんだもの。
そうしたかったわけじゃないのに、裏目に出る。

私は迷い子だ。

漫画

今朝は6時過ぎに起きた。7時前には、朝食もすんで、洗濯物も干した。
7時から漫画を描き始めた。
9時にはヘトヘトに疲れたwww

今日の漫画作業は終了するかもしれない。

めっちゃ早いなw

世の中の漫画家さんなんて、何時間も漫画描いてられるなんて、信じられない。化け物じゃないだろうか。
仕事となると出来るのかな。

私は趣味だから、できてもできなくてもいいわけで。

たまには、カラーのイラストを描きたいなって思った。
そのうち描くかもしれない。

漫画はモノクロだから、面白みにかける。

トラウマの漫画なのに、漫画描いてる時はフラッシュバックしない。
むしろ、どういう表情をかけば伝わるだろうか、とか、表現のことしか考えられない。

そんで、30Pぐらい描き進めているんですけど、この漫画誰が読みたいんだろうwwwっていう疑問が湧いてくるわけで。
いつも、漫画描く時は、そう思う。

誰が読みたいんだよwwwってなる。

でも、私は自由を愛する表現者なので、自分の好きなことを好きなだけ好きなように描くつもりです。

つか、30Pも仕上げてんのかよ。驚きじゃーん

スポンサードリンク


【ブログランキング】
ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

解離性障害ランキング

【Kindleで同人誌を出しました】

【LINEスタンプギャラリー】

 LINE   

猫舌さん@じゅんじゅん
  • 猫舌さん@じゅんじゅん
  • 双極性障害と解離性同一性障害を患っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。